Blog

August 26, 2017

荻原朔太郎の「月に吠える」は前夜と行く途中の電車の中で生まれて初めて読んだ。日本語の詩は恥ずかしながら、偶然出会った谷川俊太郎以外読んだことがなかった。

「悲しい」じゃなくて、「同情」じゃなくて、一番「哀れ」という使ったことのない言葉が合っていると思った。この人の見る世界は妙に生々しくて、厳しくて気持ちが悪いなと正直思った。何より気味が悪いという印象だった。彼はきっと寂しくてやり場のない愛のある人だったんだろうなあとも考えた。読みながら、横に座って蛙を猫をそんな目で見るなって背中をさすってあげたい感じ。

アーティストというものは普通の人が通り過ぎていく日常に何か非日常的なものを見つけてそれを自分の表現媒体に通訳/翻訳/表現するものだと自身は信じている。それでいて、詩人は特に人間が一番使う最もストレートな「言葉」がそれな訳だからもっと注意深い人種というふうな印象がある。だから気難し屋や変わり者が多い。人と普通(またこの「普通」とは何かというところがあるが)に接したり愛したりの裏がいつでも考えられていてやりにくいだろう。いわゆる「コミ障」?)

彼もこれだけ世の中の哀しいところに気づきたくなくても気づいてしまって、きっと自分なりに大変な人生だっただろう。

でも。それでも。

それでも、彼は吠えている。誰でもない月に向かって独り吠えてる。誰も聞いてないかもしれないのに。そこはまた日本人らしくて切ない。

彼の読む世界は本当に身体的で必死でこれだけ正直にストレートに人生模索しているから、どこか共感するところがある。逆に突然自分が思っていたことと感じていたことをその通りに明確に透き通って見られたから気味が悪いという印象になったのかもしれない。ゾクゾクから喉に石があるみたいな泣く前の痛みがくる感じだ。初めて会った人が、全く同じ夕飯と朝ご飯食べてきたみたいな。気味が悪くてでも深入りしちゃってずっと考え込む。

そんな色々が脳内に飛び交う中、勅使川原三郎の「月に吠える」を観に行ってきた。プログラムに「空気に、天と地と水に、遊ぶ。数え切れない電流体、時のかけらのような踊る者たちは激しくゆるやかに生きる。」と書いてある。本当に、自然大地そのままだった。

今回は、おなじみの勅使川原三郎、佐東利穂子、鰐川枝里、イタリア人ウィーン国立歌劇場バレエ学校卒業、ネザーランド・ダンス・シアター出身のマリア・キアラ・メツァト...

August 24, 2017

14才以上のダンス経験者を対象とした、中・上級者コースでは、バレエを学ぶ中学生の他、9月からイギリスのバレエ学校への留学の決まっている生徒さん、既にコンテンポラリー・ダンスの勉強を始めていて、留学も視野に入れている方などが集まりました。

初日の午前中には「英国ダンス学校留学説明会」が開かれ、半数以上の方が参加されました。

今回はロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクールを初め、ラバン、ノーザン、ランベールと言った、英国コンテンポラリー・ダンス教育の中心を担い、主にプロのダンサーや振付家を育てる学校にスポットを当てて、学校の特徴や費用面、出願方法などを説明しました。これをきっかけに、サマースクールへもどんどん参加してみていただきたいなと思います。

レッスンは初日からかなり熱のこもったレッスンが始まりました。元マシューボーンのリードダンサー、ダミアン・スタークの美しいバレエクラスは、バレエが苦手でも大丈夫。せっかく皆さん頑張っているので、ということで、急遽最終日のパフォーマンスにもバレエを少し組み入れることになりました。

休憩の後はコンテンポラリー・ダンス・テクニックのレッスンでしたが、参加者の皆さんのレベルの高さに、コンテ講師のリーも嬉しいびっくり。

クリエイティブのクラスを予定していた時間を変更して、そのままテクニックのクラスを続行。2時間半のセッションになりました。

夕食休憩を挟んで、コンテンポラリー・ダンスの振付と創作でしたが、生徒の皆さんも、講師もアシスタントもヘトヘトになった初日でした。

2日目からは予定通り、インプロやクリエイティブのセッションも入って、少しエネルギーをキープしながらテーマに沿って様々なムーブメントを作り上げていきます。

最終日に予定されているパフォーマンスに向けて、セグメントを組み合わせていくリー・スマイクルの手法は、多くのヨーロッパの振付家が使っています。自分の見つけたムーブメントに他の人のムーブメントを合わせることの楽しさを学んでいきます。

毎日午後1時から8時半まで、4日間の集中トレーニングの後で、パフォーマンスをご覧になった保護者の方から「自分の娘がここまで踊れるようになるとは!目を疑いました。」という感想をいただきました。

リー・スマイクルの引き出すマジックの成果とも言えるでしょう。彼は決して指導する生徒に対して、「良い、悪い」を言いません。創作...

August 24, 2017

2017年8月17日~20日の4日間、ノアスタジオ都立大(東京)にて日英ダンス協会主催のコンテンポラリー・ダンス講習会が開催されました。ロンドンのショーディッチ・ユース・ダンスとのコラボレーションで2015年に始まったこの講習会も、今年で3回目を迎えます。

(日々のレポートはThe Wellsのブログフェイスブックで紹介されています)

 9才~14才の初心者コースは18日からの3日間。

毎日1時間半のクリエイティブのクラスを予定していましたが、初日に参加者の皆さんがダンスにとても熱心なこと、身体もかなり動くことが分かり、急遽コンテンポラリー・ダンスの基礎テクニックを学ぶことになりました。

 伴奏のオリバー・デイヴィスの叩くドラムのリズムに合わせて、先ずは身体をほぐし、全体の余分な力を取り除いて行きます。

バレエやジャズを習っていても、リズムに合わせて「走る」動作や身体の力を抜いて重力を使うシンプルな動作には、初めは全員少し戸惑いがありました。ダンスのクラス、というとどうしても身体が踊ろう!と力んでしまうのかもしれませんね。

 ところが、直ぐにその後、重心移動、フロアーワークなどのアドバンス・テクニックも取り入れていく講師リー・スマイクルの楽しい指導で自然に体得していく様子は驚くほどです。

この「身体の力を抜く」というテクニックが、成長しダンスを勉強するほど、難しくなっていくようです。

小中学生から、この感覚を身につけておくと、もし将来コンテンポラリー・ダンスを踊る機会がある時にも、自然に身体がついていくことになるでしょう。

3日目には、皆さんかなり身体を大きく使って、のびのびと、音楽を感じながら踊ることができるようになっていました。

 参加者の保護者の方から、お子さんが「終わりたくない。こういうのが毎週あればいいのに!」と言っているというお話を伺いました。

もし小学校のダンスの授業で、こういったリズムダンス的要素のある基礎トレーニングを取り入れることが出来れば、ダンス=恥ずかしいと思っている多くの小中学生にも、楽しくダンスを学んでもらえるのではないかなと思います。

 「また来年もやってね!という嬉しい一言に、大満足のスタッフでした。

Please reload

Featured Posts

夏だ!コンテだ!:英国コンテンポラリーダンス・講習会のお知らせ

June 21, 2018

1/2
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

千葉県浦安市日の出1-3-17-301

toiawase@jbda.tokyo

Tel: 047-720-3356
(​株式会社 The Wells内)

© 2017 by the Japan-British Dance Association.