Blog

September 20, 2017

ロンドンから帰国して以来、すっかりコンテの小品を観る機会が激減してしまったので、今年はエジンバラ・フェス。とうとう行ってきました!

すっかり冬だろうと思ってセーターだけ持ってきたエジンバラですが、連日は20度にも届くような暖かい日が続いていました。

スコットランドのエジンバラ・インターナショナル・フェスティバルは、世界中から優れた音楽、舞台芸術が集まって開かれるフェスティバル。8月の3週間、町はフェスティバル一色に染まります。

エジンバラでは、インターナショナル・フェスティバルと同時に、小規模の作品のためのエジンバラ・フリンジ(なんと70回目)そして今年は英国の優れた舞台芸術作品を紹介する2年に1度のブリティッシュ・カウンシル・ショーケースが開催されています(2年前にはイゴール&モレーノの「イディオット・シンクラシー」も紹介されました。)

ショーケースは各国のフェスティバル主催者や劇場キュレーターのための見本市ですが、もちろん普通の私たちだって見ることが出来るのです。

ただーし、フェスティバル、フリンジ、ショーケース。

ダンス、フィジカル・シアター、サーカスだけでも合わせて130を超える作品群の中から、自分の観たい作品を選ぶのは至難の業。

文字通り「カタログ」を眺めているだけで、1日かかってしまいます。

出発まで講習会やらサマースクールやらで忙しくしていた私は、イチかバチか、フェス最終週にエジンバラに乗り込んでから、見逃した作品、レビューや評判が良い作品あとはもう、直観で選んで観に行きました。

観客がそれぞれ良いと思った作品に#を付けてツイートしているので、話題作はすぐに見つかります。

来年は行ってみよう!って思っていて、時間に余裕がある方は、数日かけて作品をインターネットで検索。予めどうしても見たい作品の目星をつけておくと、ストレスが少なめです(汗)。

そして、大事なことは、大体の劇場の位置を把握して、早目に宿泊先を抑えておくことです。これだけで、かなりスケジュール立てが楽になります。エジンバラは小さな町なので、半径1km以内に殆どのシアターが収まっています。真ん中らへんに宿を取れば、どこでも徒歩で移動できます。

インターネットでひとつずつ作品を調べる時間がなかった私が取った方法は、

まずカタログでざーっとピックアップ。

エクセルシートに作品、会場、開演と終演時間を入力

あとはテトリスの要領で...

September 12, 2017

舞踊作品にとって、

振付家がどれほど重視されるべきか

っていう話を今日したばかり。

日本では

クラシック音楽のように何百年も経たないと

作品の創造主には注目されないのかな

なので、しつこくも、

私の舞台レポでは、

誰が作ったか!

っていうことを先ずは注目していきたいと思います。

もちろん作品を具現化するダンサーがいてこその

舞踊作品ですけどね!

2017年9月12日(火)

サドラーズ・ウェルズ劇場で

ホフェッシュ・シェクターの「グランド・フィナーレ」

UK初演を目撃してきました。

シェクターは2008年にカンパニーを立ち上げたけど

元バットシェバ舞踊団のダンサー

ということで、今日もオハッド・ナハリンが観に来てました。

元々音楽の勉強をしていたので

自分の作品は作曲もします。

今回の「グランド・フィナーレ」は彼の曲も使っていますが

5人の楽団も舞台上で演奏を披露します。

その中には我らがよき友、

サビオ・ヤニャックもいます。

2016年夏のコンテンポラリー・ダンス講習会に参加した人は

彼の生演奏で3日間踊ったわけですから、

一生、自慢できることなんです!

楽しかったなあ(^^♪

プログラムにはシェクターの言葉で

「よく作品の意図を聞かれるけど

そんなことはどうでもいい。

大事なのは、舞台で何が起きてるかってこと

そして観てる人にも何かが起こるか否かってことが大事なんだ」

とはっきり書いてあったので、

大賛成

プログラムはあえて読まずに鑑賞してきました。

幕が開くと

スモークだらけの白い舞台空間に

重低音のリズム

いやあ、いつものホフェッシュだ!

格好いい。

でも舞台には音楽隊もいて、

それがやけに生々しい

抽象的な絵の中に

「生」がある感じ

舞台にはダンサーの周りに

黒い大きな移動式の壁

って言うか

ストーンヘンジのような

巨大な墓碑のような

あるいは高層ビルの黒い巨体か

この世とあの世の境のような。。。

(移動式だからいろんな表現に使えてナイス)

10人のダンサーたちは混沌とユニゾンを

カウントも殆ど取れないような音楽の中で

次々とセグメントを繋ぎ合わせていく

もう見事としか言いようがない

ミニマムな動きかと思えば

コントラクション

そしてフォール

つま先立ちで

身体を小刻みに上下に揺する

ホフェッシュ独特のムーブメントは

既に確立されていると言っていい

でもそれらは前回観た「サン」より

ずっと深く複雑に進化して

ダンサーなら一度はこの作品で踊ってみたいと

思うんじゃないだろうかって

そのくらい、恰...

Please reload

Featured Posts

夏だ!コンテだ!:英国コンテンポラリーダンス・講習会のお知らせ

June 21, 2018

1/2
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

千葉県浦安市日の出1-3-17-301

toiawase@jbda.tokyo

Tel: 047-720-3356
(​株式会社 The Wells内)

© 2017 by the Japan-British Dance Association.