Blog

August 1, 2018

イギリスのコンテンポラリーダンス教育の一翼を担う
トリニティ・ラバン

グリニッジ近くのクリークサイドにある
素晴らしい校舎で2週間のサマースクールが開催されました。

ヨガクラスの様子

今年の3月、日英ダンス協会の出願サポートで出願、
現地サポートを利用して参加された学生さんから
参加の感想を届けていただきましたので、以下にご紹介します。

2週間を通して、様々な方と関わり
もっとダンスが好きになりました。

マクミラン寮の部屋(全てシングルでトイレシャワー付きでした)

学校の設備は想像していた以上に充実していて
セルフの氷があったり、
ゆっくり寝られる場所が設けられていたり
困ることもありませんでした。

休憩時間にゆっくり休める場所

寮も比較的きれいで、
クーラーはありませんでしたが、
窓を開ければ特に暑いと感じることはありませんでした。

マクミラン寮の内部。いくつかの部屋に分かれていて、キッチンやラウンジを共有します。

マクミラン寮へはグリニッジ天文台近くの駅からバスまたは徒歩で。

私が特に楽しかったレッスンは
バレエとウェイン・マクレガーのクラスです。

バレエは日本で受けるレッスンとは
進め方が全く違いました!

ラバンの先生が振り付けたコンテ作品を上演する様子

日本では出来ていないところを
ひたすら注意し直していくレッスンですが、
ラバンで受けたレッスンは
生徒の良い点を褒め、
見本にして更に良くなるように
他の生徒にまねさせて伸ばしていました。

夜のコンテ公演を観た後、フィードバックしている様子

ウェイン・マクレガーのクラスも
生の演奏で気持ちも乗りやすく
次々と振りを進めるので
無駄な時間がなくて、
集中して受けることができました。

金曜日の夜に見たコンテ以外にも
ラバンのダンスシアターなどで
コンテを計3回も無料で観れました。

学校カフェのごはん!

今回のサマースクールは
29か国から100人以上の参加だったそうです。

一生忘れられない贅沢な経験ができ、
大変感謝しています。
本当にありがとうございました。

とっても充実した2週間だった様子が

伝わってきました。

来年はもっと多くの学生さんたちに

サマースクールを体験していただきたいなと思います。

トリニティ・ラバンの日本講習会は

2018年10月27日~28日

詳しくは、こちらから

June 21, 2018

うっとうしい梅雨の時期。

雨が大切なことは分かっているけど、

早く夏本番にならないかな、

と思いつつ、日曜日にはまた日本を離れてしまいます。

ベルギーではP.A.R.T.S.のサマー公演も鑑賞する予定です。

レポート乞うご期待!

さて、夏と言えば恒例のインテンシヴ(集中講習会)です。

大会や合宿で忙しい高校・大学生の皆さんのために

今年はかなーり夏も遅い時期に設定しました。

8月26日~30日の4日間

埼玉県の尚美学園大学

素晴らしいスタジオ設備をお借りして

イギリス・コンテの今をお届けします!

来日メンバーは

これ以上ないほどの豪華さ。

ここは一番、頑張って参加してみてください。

こんな世界があったんだ!

ということを分かっていただけると思います。

コンテンポラリーダンスの講師は

あのプレイス劇場の前チーフ・エグゼクティブ

ケネス・サープ先生を招聘します。

先生はご自身もプレイスの卒業生

リチャード・オーストン・カンパニーで活躍後

イギリスの様々なダンスシーンをけん引し

今ではその第一人者として人々の尊敬を集めます。

イギリスだけでなく、

ヨーロッパにも広い人脈を持つサープ氏

海外進出を目指す方にとっては

レッスンを受けるだけでも

色々と収穫はあるんじゃないかな。

今回はグレアム(グラハム)・メソッドをベースに

サープ氏のオリジナリティを加えたテクニッククラス

クリエイティブ(創作)のレッスンを主眼に

4日間のコースを設定しました。

最終日にはもちろんゲストにお越しいただける

パフォーマンスを予定しています。

伴奏には、ホフェッシュ・シェクター・カンパニーの最新作

「グランド・フィナーレ」の音楽家も務める

音の魔術師サビオ・ヤニャックが同行

彼の音楽で身体を動かすだけで、

新しい世界が見えてくるでしょう。

あさイチのバレエクラス

現在ロイヤル・バレエ団の舞台にも出演中の

ダミアン・スタークが担当

マシュー・ボーンやランベールなど、

コンテンポラリーダンス・カンパニーでの

バレエクラスを教える先生です。

詳しいタイムテーブルや概要は

こちらのリンクから。

絶賛お申込み受付中です!

June 8, 2018

15才~19才のための全く新しい英国ダンス・サマースクール!

毎夏、日本で大好評のリー・スマイクルによる

コンテンポラリーダンス・インテンシヴが、

いよいよ本場イギリスで開催されます。


イギリス有数のリゾート地ブライトンで

イギリス人家庭でホームステイをしながら、
ダンス漬けの一週間を過ごします。


日本で大人気、
SYD(ショーディッチ・ユース・ダンス)からの
日本人アシスタントももちろん参加!

そして世界中から集まるダンス学生たちとの

国際交流や合同パフォーマンスも待っています。

さあ、勇気を出して、ダンスで日本を飛び出そう!

【日程】*各週とも、月~金:午前9時から午後5時、土:午前9時から午後3時

ウィーク1➡ 受付終了

ウィーク2➡ 2018年7月30日(月)~ 8月4日(土)


【開催地】イギリス・ブライトン

【主な内容】

*バレエ、コンテンポラリーダンス、創作、振付、ボディコンディショニング
*オーディション用ソロの練習(コンクールまたは受験用)
*パフォーマンス・テクニック(SYDのレパートリーを通して、パフォーマンスのノウハウをゲット)
*最終日のパフォーマンス(観客の前で成果発表を行います)

【参加費】 280,000円(税込)

*上記はウィーク1またはウィーク2の参加費です。
参加費に日本からの往復航空券は含まれません(飛行機は各自で手配してください)。

*ヒースロー空港(ロンドン)集合です(18才未満の参加者には、現地空港での対応あり)
*参加費には、お申込み手続き等代行・受講料・ヒースロー空港~ブライトン間の往復送迎・ホームステイ・全食事・スナック・ブライトン観光・レッスン中の日本語アシスタント・パフォーマンス参加費が含まれます。

 ブライトン・ビーチの夕暮れ

【対象】

ウィーク1➡ 受付終了
    *2年以上のバレエまたはダンス経験が望ましい。

ウィーク2 ➡ 15才~19才
    *2年以上のバレエまたはダンス経験、
及び定期的なバレエまたはダンスレッスンを受けていることが望ましい。

【コースの詳細・お申込みは】

日英ダンス協会まで、メールでご連絡ください。

toiawase@jbda.tokyo

【主催】

リー・スマイクル(レガット・スクール・オブ・コンテンポラリーダンス&バレエ校長)

スマイクル・ダンス・プロ...

February 7, 2018

毎年多くのダンス学生やプロダンサーたちが参加する、人気プログラム、「トリニティ・ラバン サマースクール」の詳細と申込要項が発表になりました。
 

日程:2018年7月16日(月)~7月27日(金)2週間

会場:トリニティ・ラバン大学(英国・ロンドン)

受講料:585ポンド(日本円にして約10万円)*3月1日までのお申込みの場合

*受講料に滞在費や食事、交通費は含まれません。
 

内容:2週間(10日間)のプログラムを自分で組み立てます。各セッション10種類のレッスンオプションから、各日4セッションを選びます。(同じプログラムで2週間)

組み合わせ例:

セッション1(9:30-11:00):バレエ

セッション2(11:30-13:00):コンテンポラリー・リリーステクニック

セッション3(14:15-15:45):フライング・ローテクニック

セッション4(16:00-17:30):コンテンポラリー・レパートリー(スタジオ・ウェイン・マクレガー)

今年の夏は、憧れのラバンで本場の学校体験をしてみませんか?
 

お申込みは学校ウェブサイトから。
または日英ダンス協会のサポートをご利用いただくと安心です(手配料35,000円+消費税)。

詳しいサポート内容は、ぜひ当ウェブサイトContactから、お問合せください。

人気講師のクラスは直ぐに完売となってしまいます。
お申込みはお早めに!

Please reload

Featured Posts

夏だ!コンテだ!:英国コンテンポラリーダンス・講習会のお知らせ

June 21, 2018

1/2
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

千葉県浦安市日の出1-3-17-301

toiawase@jbda.tokyo

Tel: 047-720-3356
(​株式会社 The Wells内)

© 2017 by the Japan-British Dance Association.