Blog

トリニティ・ラバンのご紹介

ロンドンの南、グリニッジ近くにあるコンテンポラリー・ダンス・スクール、トリニティ・ラバン。

マシュー・ボーンを初めとするイギリスの著名人、そして日本人の卒業生も多く輩出している名門校のひとつです。

現在、ダンス課の校長を務めるのは、元ランベール・カンパニーのダンサー、前セントラル・スクール・オブ・バレエの校長、サラ・マシューズ氏。

3年間のプログラム修了時には、大学卒の資格(BA)が取得できます。

残念ながら卒業公演を見ることはかないませんでしたが、マシューズ校長とこれからの学校方針についてお話を伺うことができました。

学生寮もすぐ近くに完備している大学は、

13もの明るく光の入るスタジオと、素晴らしい劇場、

そしてボディコンディション設備を併せ持つ、

コンテンポラリー・ダンスを学ぼう!という学生には憧れの環境が整っています。

ザ・ウェルズが開催する夏の講習会での「留学説明会」にて、詳しくご紹介する予定です。

講習会の詳細はこちらから。

スタジオで行われている公演リハーサルも少しのぞかせていただきましたが、学生のクリエイティビティを尊重した振付にしばしうっとりしてきました。


Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

千葉県浦安市日の出1-3-17-301

toiawase@jbda.tokyo

Tel: 047-720-3356
(​株式会社 The Wells内)

© 2017 by the Japan-British Dance Association.